黒姫のお絵かき帳

黒姫朱理が描いたイラストと何か思いついた内容を綴ってゆく日記です。

ざしきわらし

f:id:yulime:20170207065249j:plain

気になった本の紹介。何度か座敷童子のことについて呟いてはいるのですが文学が残り。絵として残りにくいというのが日本の童話世界の特徴です。今回気になったのは潮文社から出ている「ざしきわらし」という絵本です。

www.choubunsha.com

イラストは「絵本:いるのいないの」とか座敷童子ホラー小説「残穢」のカバーイラストにもなった町田尚子さんが手がけている作品。今までとは違う鮮やかさな画風となっております。

試し読み

http://www.choubunsha.com/tachiyomi/tohno04/

片言

片言と書いてへんげんと読む。ちょっとした言葉という意味。
それは置いておいて、座敷わらしといえば子どもの霊(精霊)という表現が多いですが。私は守護神的な存在だと思っております。 悪さをすると言えども彼らにとって一緒に遊び人としてなって欲しい。遊んで欲しいというのが心の表れでしょうか。
和製ホラーを引っ括めると意外にも「孤独」「寂しさ」「一緒に遊ぼ?」という表現が多く使われています。
リングで有名な貞子だとしても産まれた時から親に「彼女は化物だ」として捨てられた寂しさから表れています。こういう和製ホラーで伝えたいことというのは一人でもいいから意思疎通できるひとを大切にするということ、それに嫌悪を抱かず言葉をきくということが大切だと思っております。幽霊って襲ってきそうで怖いというイメージが強いですが自分を助けてくれる良い霊もいるということを意識していただけると嬉しいです。

座敷わらしについて

座敷わらしはお好きですか? - 黒姫のお絵かき帳

和のこ


和の子。理想な髪型と和に対する雰囲気をだしてみた。和服の柄は牡丹です。
折角オリジナルな子を描いたので名前をつけようかと思っております。 おとなしめで細っそりとした性格。だけども陰から見守ってる、そんな子。

そういえばうさぎ国のなずなちゃんも理想としてはこんな感じに書こうと思ってます。
彼女の場合はもう少し元気な感じなんですけどねヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

採用するかは気持ち次第ですがこのこの名前を募集してます。

音声メモツール

今日は一日家に居たので特に変わったことはないです。
最近。声を出して考えを呟くことが多いので、音質の良い音声メモ(ボイスレコーダー)って無いのかな?と検索したらSonyから出しているスマートフォン専用のボイスレコーダーがあるんですね(o・ω・o) play.google.com 使ってみた感じ処理も早く高音質で録音が出来ているのでオススメです。 それと付属して欲しいのがピンマイクなのですが。

SONY エレクトレットコンデンサーマイクロホン ECM-PC60

SONY エレクトレットコンデンサーマイクロホン ECM-PC60

これを自室用に一個持ってはいるのですが音質が良いのでタブレット用で使いたいかな?

実は浅草は夜のほうが御洒落

日本の雰囲気といえば東京なら浅草。大体は朝に来て夕方には帰ってしまうのが多いと思うのですが、実は浅草は、シャッターが閉まりきってる20時くらいの時間の方が街灯もライトアップされちょっとした浪漫を感じることが出来るのですよね(o・ω・o)
お昼より夜の浅草の方が好きなのも綺羅びやかな雰囲気を感じさせてくれるからです。

その代わり浅草は18時には日本的なお店は閉まってしまうので遊ぶならお昼くらいが良いかもしれません。若者は新宿とか原宿・秋葉原が好きとは言いますけども私は伝統的な浅草の雰囲気が大好きで毎月訪れたいくらい見て回りたいですね。

和風なことに浸ったので次回のイラストは着物を着せた華やかな絵を描きたいです^^

時だより。

分針の上に乗っているオフィーリアちゃん。
少しばかりポーズを意識して描いてみました。

イラストを描くことにどのようなキモチがあるのだろうか。 それは継続してモノを作ることが出来るのか。怠けないで一つのことに集中することが可能なのかと描きながら思っておりました。
というのも最近、筆を運ぶことさえ面倒くさいと思ってしまい。何もせずに1日が終わってしまうことと、話題性のあるネタをみんなが真似をして遊ぶという世界観が苦手なので自分の作品を描くけども面白みがないという結果になりつつあります。けれども、自分が描いたイラストはどれも好きで、他人には理解されないけども自分はこんなキモチで描いた。自分自身で安心できるようなキモチを意識できるような心を作っていければキモチに左右されずに行動出来る気がします。

本音言えば色々と意見を交わしたいだけなんですけどね(o・ω・o)

一昨年みたいに日ごとにイラストを描きながら日記を続けていければと