黒姫のお絵かき帳

黒姫朱理が描いたイラストと何か思いついた内容を綴ってゆく日記です。

金縛り

あなたは金縛りにあった時はどうする?声をあげる?
それとも 身体が動くまでじっとしてる?

私は後者。金縛りをむしろ背後に誰が居るんじゃないかと楽しんでます。時々理不尽な金縛りには「あぁ!」とか「助けて!」とか叫ぶことがありますけど。科学的根拠もあればオカルト的な理由で信じることも出来ますし、考え方は個人個人にお任せします。

ただこういう金縛りがおきる時間って丑の刻の時間が多いじゃないですか。なぜ丑の刻なのか?理由として「丑の刻参り」という諸説があるらしいです。

丑の刻参り

丑の刻。白衣を身にまとった女性が手に藁人形とひとつの五寸釘を持ち歩き…。
とことこと鳥居を抜けて神社の境内へ

トントン。トントン。

木に打ち込まれる藁人形。わらにんぎょう。わら…

ねぇ。君はだあれ??

「とっとと」と境内から逃げる音。そしてもう一つの追いかける音….。

どうなったかはおたのしみ。
丑の刻参りとは日本の神道からの呪術が由来です。
神社の境内の木に藁人形を打ち、呪いをかけたい人を呟きながらする行為です。
ただコレを1週間もしくは7回行なわなければならなく、一度も見られてはいけないことになってます。もし見られてしまったら…。今までの呪いが自分へと…。

丑の刻参り - Wikipedia

こういう古来からの伝承があるからこそ、夜中まで起きてると幽霊が来るぞと言われるかも知れませんね。実際は生きている人間。生霊なのですが。実際は亡霊より恐ろしいと言われてます。大体は「嫉妬心」から来てることが多いです。私も結構他人を羨ましく思うことが多く「何故あなたは人気者なの?」「だれも会話にのってくれない」なんで…?と思うことが多々あります。そのような嫉妬心があるからこそ自分を苦しめるわけなんですけどね…。
そういう時は「嫉妬を生むものを意識から遠のけて違うことをする」「他人よりも自分が誇らしく思えるモノを持つ」「他人を意識しない」ということが嫉妬心を抑える考え方でしょうか。嫉妬ほど怖いものってないですからね。

▼ 科学的な観点から

オカルトが好きな人はここまで。

実際科学的な観点から考えると金縛りというのは脳のレム睡眠時に目が冷めてしまうこと。身体は寝ているので一生懸命動かそうとしても身体はおやすみ状態ということです。だから色々と叫んだり、無理に動かそうとしてるとノンレム睡眠に移って身体が動かせるということです。色々と寝返りを打つことが出来るのもこのノンレム睡眠があるからこそとなってます。
ただ金縛りになるということは「身体が疲労してる」「急に動いた」ということが主な原因なので実際は毎日運動をしよう!!ということになります。金縛りが多い人は仕事や寝不足なことが多くあるということ。何かしら休息をすることが肝心かと思われます。

一番いいのは寝る前に体温よりちょっと高めな「銭湯」や「温泉」に入ること。
そして部屋を暖めずに冷やしておくこと、そうすればぐっすり眠れるようになります。

身体が冷えるときに脳は眠くなるみたいですね。動物に例えると冬眠でしょうか。

広告を非表示にする